2006年12月23日

【演奏会れぽ】マビノギ de クリスマス

 本日、ルエリサーバ8chにて『マビノギ de クリスマス』が開催されました。
本日はクリスマス・イブ前日という事で、各サーバでイベントが開催されている模様です。
このイベントは、演奏会、ペッカダンジョン攻略、ドロップくじ引きの3つのイベントからなるのですが、
残念ながら、他のサーバのイベントとかぶっている為演奏会だけお邪魔する事にしました。
 では、演奏会だけレポート行ってみたいと思います。



【プロローグ】

ジェネレーションのメインストーリーなどでしか滅多に行かない僻地「シドスネッター」。
ここは、一年中雪が降り積もる閉ざされた場所。
訪問者を待ち構えるのは何も言わない雪だるまの大群と、お腹をすかせたコヨーテ。
静けさの中に時折鳴り響くコヨーテの遠吠え、そして、雪を踏みしめるかすかなささやき。

 そんな、人を寄せつめない静かな場所で本日はクリスマスイベントが開かれます。
これで雪でも降ったらどんなにロマンチックでしょう。
そんな事を考えながら歩を進めます。
1枚の紙切れを取り出し走り書きした案内のメモを見ました。
『集合場所:シドスネッター ゆきだるまの周辺にて』
一体どこなんでしょう?
雪の中をしばらく歩きます。
すると、目の前に光る小さなものが見えました。
近づいてよく見てみると、それは小さな指輪でした。
よく見ると、その先にいくつもの指輪やバックル、イヤリングなどなど
様々なアクセサリーが綺麗に等間隔で落ちていました。
それは、間違いなく会場への道しるべでありぽえってぃを導く小さな案内人でした。
しばらくその案内に沿って歩いてみると遠くに炎の明かりが見えました。
恐らくそこが会場なのだと思って、気持ちが高ぶり自然と歩が速まります。
少しずつ人影が見えてきました。
みな、思い思いのクリスマスカラーで染められた衣装を着てがやがやとざわめきあっています。
観客の右側には、アクセサリーで縁取られたステージが設置されていました。
そして、その一角に焚き火が焚いてあります。
ぽえってぃは空いている場所を探しそこに腰をおろしました。
冷たいっ!
さすがに、雪の上に直に座るのは止めたほうがよさそうです。
ぽえってぃは背中からカバンを下ろしてそのカバンの敷物の上に座る事にしました。
ふと、手元の時計を除くと開演まで後5分を指し示していました。
ぽえってぃの鼓動は時計の秒針に逆らうように速く動き出しているのでした。



【雪の中の演奏会】

 司会者がステージに現れて、あいさつとイベントの説明をしています。
ここで、1つショックな出来事が起こりました。
それは、演奏会には一般募集はしないという知らせでした。
この日のために日中書き上げた楽譜が無駄になったかのようでした。

雪に沈み込んでしまうのではないかというぽえってぃの気持ちをよそに、
いよいよ演奏会が始まります。

 曲目はクリスマスソングばかりで行なわれました。
その軽快なリズムはいつしかぽえってぃの心を雪のように軽くしていきました。
ほとんどがソロの演奏でしたがどれも良いものでした。
あっという間に時間が経ち演奏会の開始から20分が過ぎた頃、
司会から思わぬ申し出がありました。
それは、ぽえってぃに「演奏してみませんか?」というとても嬉しい申し出でした。
もちろん、ぽえってぃは2つ返事で承諾しました。
でも、次の瞬間一気に窮地に追いやられた事に気がついたのです。
楽譜こそあるものの演出プランなど何1つ考えていなかったのです。
演奏曲数、演奏曲目、演出、MC。
1回の演奏会に出演するにもこれらを決めておかなければスムーズには進行しません。
そして、もちろん、時間すらほとんどありません。
そうこうしている内に前の出演者の演奏が終わり、出番が回ってきました。

そして、ぽえってぃの名前が呼ばれます。
ギリギリでした。最低限の事を決め終えてステージに上がります。
それはぽえってぃが数多くの演奏会をこなしているお陰なのでしょう。

 ステージに上がり、いつもの口調で話し始めます。
もちろん、ほとんどがアドリブです。
基本の進行さえ決まっていれば後は何とかなるものなのかもしれません。
観客の反応も上々です。
 魔法も見事成功してぽえってぃの12分間の出演は終わりました。
実は、この出演時間はどのほかの出演者よりも長い出演時間だったことは
後になって分かった事でした。



【エピローグ】

 無事出演を終えたぽえってぃは再び観客席に戻りどっしりと腰をおろします。
そして、再び司会が登場し、ステージの上で撮影会をすることになりました。
思い思いに撮影した後一同は馬を連ねてペッカに向かうようです。
ぽえってぃはこの後タルラークの演奏会に行かなければなりませんでした。
その場で一同を見送り、シドスネッターに再び静けさが戻りました。
ぽえってぃは落ち着く暇も無く急いでタルラークに飛ぶのでした。



【あとがき】

 このたびは、イベント『マビノギ de クリスマス』の物語風レポートである
『雪の中の演奏会』をお読みいただきありがとうございました。

 雪の中での演奏会は雰囲気があってとてもクリスマスにふさわしい会場だと思いました。
次回があったらまたぜひ参加したいと思います。
 今回、道しるべならびにステージの設置に使われていたアクセサリーですが、
総数はなんと60個使われていたそうです。
とても膨大な数ですね。
わざわざこのイベントのために貯めていたのでしょうか?
非常に気になります。
 その後、風のウワサで一同は無事ペッカを無事制覇したと聞きますが、
実際のところ同行していないので定かではありません。

 最後に、イベント主催者様、ならびに、イベントに参加したみなさま。
お疲れ様でした。そして、良いクリスマスを。




★演奏会の様子★

会場の様子1
20061223_01????1.jpg

会場の様子2(別アングルから)
20061223_02????2.jpg

演奏の様子1
20061223_03????1.jpg

演奏の様子2(ぽえってぃ)
20061223_04????2.jpg

記念撮影
20061223_05????????.jpg

馬でペッカへ移動
20061223_06??????.jpg



【他の人のレポート】
happy−go−lucky:クリスマスイベント presented by てんてる
天乃通り道:てんてるX'masイベント!


posted by ぽえっと at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | マビノギ-演奏会れぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イベントにご参加頂き、ありがとうございました!
こんなに素敵な記事に書いて頂けてとても嬉しいです♪
そして、いきなりの演奏依頼をしてしまって
申し訳ありませんでしたm(_ _"m)ペコリ
でもぽえってぃさんに演奏して頂いたお陰で
より演奏会らしくなったので、本当に感謝しています!!

アクセはイベントのために集めたというわけではなく、普段から
貯めこんでいるギルメンがいたので、それを使わせてもらいましたw

ペッカの様子は、簡単ではありますが私のブログで紹介しているので
お暇な時にでも覗きにきてくださいナ!

ともあれ、お疲れ様でした!!長々と失礼しました<(_ _)>
Posted by happyhoney at 2006年12月27日 02:29
>happyhoneyさま
 このような記事になったのはやっぱり場所とか
演出が良かったからだと思います。(^^
それで、気分が乗って筆もすいすい運んだんです。
 そのギルメンさんはほんとにアクセが好きなんですね。(笑)
ペッカの様子は拝見させていただきました。(^^
盛り上がったご様子で何よりです。(><b
Posted by ぽえっと at 2007年01月04日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック